バイク馬鹿一代ブログ

バイク馬鹿、イタルジェットReboot29

予備のキャブレターに、スロットルワイヤーを作ってみました。
P1000129.jpg
まぁ、それだけです。

ミクニFLAT24とPE24.

近いうちに試してみたいなぁ・・・。
スポンサーサイト

バイク馬鹿、イタルジェットReboot28

青いフロントカウルをどこかに仕舞おうか悩んでたのですが・・・。

こんなの作ってみました。
P1000127.jpg
ルームランプ

P1000125.jpg


ムーディーなお部屋の演出は、イタリアンなこのライトで(笑)

なかなかいい雰囲気ですぞ。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot27

出来た。
P1000115.jpg
P1000117.jpg
結構苦労したけど、出来上がってくると嬉しいもんです。

アクセル全開までが楽になりました。

走行して微調整したら完了です。

# バイク馬鹿、イタルジェットReboot26

イタルジェットのアクセルワイヤーだと、取り付けに困難な箇所が多くて断念。
で、ガラクタの中から、長いアクセルワイヤーを発見。
付いていたアクセルワイヤーにあわせて、少し長めに切って自作していきます。

2サイクルなので、途中からワイヤーが2本に分かれます。
オイル側とキャブレター側。
なので、そこの分岐までのワイヤーを作成していきます。
P1000110.jpg
いきなりですが完成(笑)


で、ココでまたまた問題発生。
こいつがハンドルに付くと、スイッチボックスとマスターシリンダーががあるので、スペース的に無理があります。

方法はコレしかないでしょう。
P1000113.jpg
スイッチボックスの切断。
裏側になる方の部分は、ダイキャスト製。
こっちは明日にでもサンダーで切り落としちゃいましょう。

スペース的にはコレで確保できるかも??
まだまだ加工が必要な予感ですが、地味に進めていきましょう。



続く・・・。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot25

ライトとカウルも終わったので、次はもっさりしたスロットルを弄ってみましょう。

PJキャブを買ったときにおまけで付いてきた、RS125のスロットを使って、ハイスロ化していきましょう。
0810221.jpg


予備で取ってあった、ランナーかDSか分からないアクセルワイヤーをとりつけてみました。

アウターチューブは確実に切り取らなければなりませんが、なかなか使えそうな感じ。

加速重視には、やっぱりハイスロでしょうww
少アクションでフルスロットル!ってな感じでしょうかね。

色々と加工は付いてきそうですが、とりあえずはじめてみましょう。


続く・・・。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot24

パワーナウもどき追記。

低速が多少もたつくので、ニードルクリップ2段上げ。

加速が更に良くなりましたわよ奥さん!

てなわけで、加速が相当速くなりました。
パワーナウもどき、コストパフォーマンス最高です。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot23

取り合えずカウル完成。

配線も組みなおして、取り合えずまとめてみました。
0810191.jpg
元々の配線も酷い物なんですが・・・最初よりは纏まってます。

0810191 (1)
黒いカウルになって、ちょっと精悍なイメージになった気がします(当社比)

0810191 (2)
ビカーッ!!
なかなかの明るさです。


0810191 (3)
カウルの研磨がもう少しなんですが、部屋にあると邪魔なので付けちゃいました。
まぁ、そんなに酷い状態じゃないので、十分綺麗だと思います。

小修正したら、フロントカウルは完成です。


続く・・・・。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot22

一回目の塗装の後、耐水ペーパーの800番あたりで軽く表面を整えました。
で、完全に乾いたところで2回目の塗装。

結構分厚く塗れたのと、そこそこの仕上げでいいかとの妥協。
まぁ、そんなに見栄えも悪くないしね。

乾燥後に鏡面仕上げして完成。

0810181.jpg


1000番→1500番→コンパウンド→ワックス→完成  という流れ。

ウレタン塗料なので、塗装面は、かなり丈夫になると思います。

樹脂製の黒いカウルも艶出しせんとね・・・。


続く・・・。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot21

配線が組み終わったので取り付け。
ハイビームとローと取り合えず住み分けてみました。

とりあえずはHIDのハイビーム。
0810173_20081017140840.jpg
昼にも拘らず結構明るいです。


そしてロービーム
0810173 (1)
昼なのでこんなもんでしょ。
なかなかクールでいい感じです。


でもって、青いカウルも変なので、いい加減塗装をしましょう。

予備のカウルを修正して再塗装。
0810173 (2)
あと何度か塗り重ねて、コンパウンドで仕上げたら出来上がり。
まぁ、ココからが長いんですが・・・。


続く・・・。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot20

どうでもいいのですが、付いてたライトをば・・・

上側の振動防止のゴム無し。
0810171.jpg
糊だけが残っていてにんともかんとも・・・。

0810171 (2)
右側の爪折れ。
一応付くけどね・・・。

で、極めつけはコレ。
0810171 (1)
HIDの熱で融解・・・。

まぁ、再使用出来ないほどでもないけど、爪とゴムは致命的だよなぁ・・・。

そして例の如く
0810171 (3)
光軸調整のステーが折れています・・・。

まぁ、コレはデフォで発生してますからwww


交換したライトケースは500円。
大分ましでしたよ。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot19

部品が届いたので、ぼちぼち始めてみましょう。
0810161 (4)
こんなん届きました。
LED36個使用のフォグランプ用です。

2個セットで1800円@ヤフオク。
送料別。

で、ライトのベースとあわせていきます。

0810161 (1)
こんな感じで、切り込みを入れて、はめ込んでいきます。
隙間をグルガンで固定していきます。
0810173.jpg
こいつは安くて便利。
ガンは480円
樹脂(グルースティック)も20本で98円。

0810161 (2)
切り取った枠と取り付けた状態。


で、コレを本体へと組み込んでいきます。

0810161 (3)
こんな感じで、組み込んだ感じも違和感無し(笑)


0810161.jpg
で、真ん中をくり抜いて、今まで使っていたHIDをココに取り付けます。

0810161 (5)
バッテリー充電器から通電させて点灯してみました。
写真だと暗く見えますが、結構な明るさです。

次は、ハーネスを組みなおして、車体へ取り付けます。


続く・・・。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot18

パワーナウもどきでロング走行実施。
トルクフルでいい感じです。

上り坂でもグングンと上がっていきます。
素晴らしい!

でもって、20キロくらい走ったあと、オートバックスへ電装部品を調達に行くと・・・。

ラジエターホース融解・・・orz
08101722.jpg


暫定品で組んでいたので、いずれ買おうとは思っていたのですが・・・

オートバックスの駐車場に着いた途端のハプニング。
クーラント駄々漏れです・・・・。


まぁ、オートバックスの駐車場で、運が良かったとよかったと思うべきかね~。

で、ゴムホース1890円、クーラント980円の急な出費。貧乏人には痛いわ・・・。

まぁ、ちゃんとした耐熱ゴムホースが手に入りましたわよ。

めでたしめでたし。


0810141.jpg

でも、買ったホースの8割程は余剰品となりました・・・orz・・・。

きっと何かに役立つであろう。  たぶん・・・・。


続く・・・。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot17

ネタが溜まっているので、どんどん放出ww
POWERNOWというカスタムパーツを真似てみました。
powernow_comb_graphic_big.jpg
こんな部品です。
結構高いので、余剰パーツを再利用して作成していきます。
割と昔からあるチューニング方法らしく、ホンダワークスなんかも使っていたのだとか。


0810122.jpg
で、こちらが自作のコピーナウww
製作途中なので、真ん中辺りに穴が開いてなかったり、角が面取りしてなかったりしてます。
取り付けたのは仕上がってますよ(笑)

PWKの内面とチリも0で、かなり綺麗にできました。
接着剤不要なところもいい感じwww


さて、走行感は如何に・・・・。



下の方の回転でトルクアップ、上までの繋がりも非常にスムーズになりました。
効果はなかなかの物です。
作業自体も30分とかかっていませんので、お手軽チューニングの部類ですね。

何と言っても部品代0円!!

KXのカウルの切れ端が材料なのは秘密です。


バイク馬鹿、イタルジェットReboot16

チョーク延長してみました。
0810121.jpg
このステーがいい感じ(笑)

折れたミラーの残骸を再利用。
冬に向けて便利になりましたわ。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot15

ノーマルのライトを紹介してみましょう。
お笑いのネタだな、これはww
これはイタルジェットDSの50の物。
基本は125も180も同じですが、電球の大きさと電球のベースの形状が微妙に違います。
125/180用の物は、ベースがもう少し薄くて、50の物の方が加工ベースにはいい感じです。

では全体から見てみましょう。

0810111.jpg
裏側がコレ。
電球は、どうなっているのかというと・・・

0810111 (1)
まん丸な電球です。

コレが何とも言えず暗い・・・。

0810111 (2)
この舌べろみたいな金具で押さえつけて、電球を留めています・・・。
しかもこの電球が売ってないww

合理的な構成といえばそうなんだけどさ・・・あまりのも大雑把。

現行のHIDもいいけど、またケースが溶けちゃうのもあれだし、やっぱりLEDの冷たい光物の方が良さそうです。

まぁ、夜間走行はそんなにするわけじゃないしね。


という事で、本日はココまで・・・。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot14

トリオさんに捧ぐ
0810102.jpg

特に意味はありませんけどww

バイク馬鹿、イタルジェットReboot13

とりあえず懸案のライトから。
今付いてるライトは、HIDの周りが熱で融解・・・汗
で、予備のライトケース登場。
0810101
取り合えず清掃してみましたが・・・。

0810101 (2)
やっぱりと言うか、光軸調整の爪が折れています。
どうもココは持病のようで、折れてる車両が多いようです。

作り自体も結構荒いので、強度の点もあまり考慮されていないような感じです。

気を取り直して、この予備を使って、ライトのカスタムをして行こうと思います。
0810101 (1)
特殊な形状ってわけでもないけど、市販の球が使えないのよね・・・なかなか売ってません。
しかも昔の懐中電灯並みに暗い・・・。
HID側は何とか対策して、片方はLEDにでもしてみようかなぁ。

とりあえずは部品の選択を始めてみましょう。


続く・・・。

バイク馬鹿、ノリックを偲ぶ。

気が付けば1年だね。
君の事は忘れないよ。

0810071.jpg
安らかに。
[ 2008/10/07 01:25 ] バイク | TB(0) | CM(0)

バイク馬鹿、イタルジェットReboot12

お金かけずにどんどんカスタムを進めていきましょう。
次はこんな感じ。
0810061.jpg
フロントカウルはブラックに塗装。
天気が良くなったら、早速塗ってみましょう。

バッテリーは、キーシリンダー下辺りにスペースがあるので、乗せられたらそこへ移動。
トラスフレームが生きるかな?
工具ボックスも撤去。
前のイタルジェットでもやったので、まぁ、悪くないと思います。

シートの皮は張替え。
滑らない物がいいな。

樹脂の黒いアンダーカウルは、艶出し剤で、光沢を持たせてあげたいところ。

ホイールも黒い方がしまるので、これも塗装。

フロント側のサスもローダウン化。
サイドスタンドも付け直し。

大体こんな感じ。


エンジンはウエイトローラーの見直し。
加速側に振ってみましょうかね。
速さ的には全く不満無しなので、そのくらいで一応終了。



続く・・・。

バイク馬鹿、イタルジェットReboot11

光軸の調整ボルトがイマイチ状態がよくないので、フォグランプに交換してみようかと思ったりしたんですが・・・。
0810021.jpg
うん、間違ってました。

これはないわwww

また何か考えます。