バイク馬鹿一代ブログ

バイク馬鹿、近況

先月に親父が死んだので、かなり放置してましたが、久々にネタでも書いてみましょうかね。

我が家の葬式狂騒曲



通夜

親父が死んだのが先月の16日。
正確には15日の23時45分頃なんだけど、病院で死亡確認したのが16日の早朝。
命日は16日になるのかな。


17日は友引で通夜が出来ず、18日は葬儀屋がいっぱいで予定が取れず。

なんだかんだで、死んだ日から丸3日も開いてしまう始末。

間があいてしまいましたが、意外とこれが良かったような気がします。

この時期は葬儀屋さんも大忙し。
寒いのと暑いのは、やっぱり体に負担がかかるもんねぇ・・・。

我が家で葬儀を出すのは初めて。
葬儀屋さんとか近所の人の協力を仰いで進めていきます。

互助会に加入していたので、葬儀場の予約もスムーズ。

その葬儀屋さんからの「お葬儀プランナー」登場!
宗派も家紋もよくわからないww
そんなご家庭でもAnything OK!!
お葬儀プランナーにおまかせです。

段取り、時間の打ち合わせ、料金プランを決めていきます。

うちは親戚が少ないので、人数的にもそんなに多くはないので、会場は割と小さめの方を選択。
通夜振舞いの人数とか、この辺りは悩みます。

死ぬ前にどのくらい来てくれるのか、調べておかないと家族は苦労しますよww
でまぁ、10人分くらいのセットを5セットオーダー。
多少余るくらいが丁度いいかも。

そんなこんなで通夜の日。
通夜の日の納棺式。
例のアカデミー賞のあの方たちが登場。
女性二人組の「納棺師」登場!

いや、素晴らしい!
所作の美しい事。

映画とは微妙に違いますが、遺体の清掃、着替え、ヒゲ剃り・・・。
死に化粧までして、完了。

親戚と親父の友人たちが見守る中、納棺の儀が進んでいきます。

不思議と悲しいとかの感情がわかないものですね。


ココからが本日のネタww

通夜が始まります。

何人来てもらえるのか、全く分からなかったのですが、気がつけば会場を大きくあふれる人数に。
最終的に180人くらい来て頂いたようです。

16日に「お葬儀プランナー」と、話し合った結果、親父の知り合いというか、うちが商売をしていた時に(元食堂経営)
よく取ってもらっていたお寺の方へ、お願いすることに。

宗派がどこなのか、何処にするかとか、全然決まってないので、とりあえずは元お客さんと言うことでこのお寺を選択。

これが良かったのか悪かったのか・・・伝説がココから生まれちゃうのですwww

お坊さんが会場入りのアナウンス。
入口の方を見て目が点にwww




茶髪の坊さん登場!!!wwwwwwwwwwwwwww




ざわめきは起こらなかったけど・・・微妙な空気になる通夜会場wwww

通夜は住職の息子さんが来るとは言ってたけど・・・茶髪wwww



お経とかはまぁ、割と普通でしたけどね~。


いや、いい伝説が出来ましたwwww


まぁ、うちの母曰く、
「うちのチャーハンが好きでよく食べていた」
とのことで・・・。
縁があるボウズなので、これはこれでいいでしょうwww
故人とも縁があるわけだしねww

通夜の読経が終わって、通夜振舞いの会場へ。

通夜振舞い会場で不満を言う来客多数。
もちろん俺もwwww

「あのボウズ、せめて髪の毛剃らなくてもいいから黒く染めてこい」
「プロ意識足らねぇんじゃねぇの?」
大体こんな感じ。

そのうち俺も調子に乗って得意のあだ名付けww

命名
「チャラ男」

チャラ男呼ばわりで会場はドッカンドッカンと受けましたwwwww




お通夜の雰囲気を明るくしてくれた「チャラ男」に感謝です。
スポンサーサイト
[ 2012/03/23 02:25 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

嗚呼、そうしたか。
まずはお悔やみを。

しかし時代も変わりましたな。
坊主なのに茶髪^^。
しかも「チャラ男」坊主。
お父君様もウケていたに違いない...。
きっと。
[ 2012/03/24 17:48 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

返信遅くなり申し訳ございません。

浄土真宗なので、俗世間とは隔絶しないのがこの宗派。

固定概念がイカンのですねww
[ 2012/04/05 11:51 ] [ 編集 ]

コメント遅くなり申し訳ござあません。
お悔やみ申し上げます。
しかし、茶髪坊主様のおかげで湿っぽくない式となったでござあましょう。
[ 2012/04/09 05:36 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
なかなかいいお通夜でしたね。

この坊さんもなかなか若い割にしっかりしておりました。
人間、見た目だけじゃ判断できませんね。
[ 2012/04/10 11:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatunet.blog25.fc2.com/tb.php/1147-6adc07e2