バイク馬鹿一代ブログ

バイク馬鹿、sb6のフロント周りを改造ス!その1

sb6のフロントフォークのオイルシールが死亡。
オイルシールはともかく、メタルとかダストシールが無い。

そろそろ重い腰を上げる時が来たのかも。

いよいよフロント周りは全面改修へ

blastwarks-img450x600-14232096292ypepj20678.jpg
blastwarks-img600x450-1423209629kw5qdw20678.jpg
blastwarks-img600x450-1423209629mubj1c20678.jpg


激安だった、アプリリアのTUONOV4 新車外しのフロントフォーク。


コレをベースに、寸法を精査し、集めた部品を集結して、倒立フォーク化実施。


ステムの寸法が一番近かったのがコレ

yhnpq553-img600x399-1425300128btlev38653.jpg




780円のドゥカティ400ssのステム。
900ssとかもまったく同じものだけど400だと安いww

最初の難関はステムベアリング。
ビモータのステムベアリングがとにかく無い。
某専門店に頼むと3万とかするらしいのでしばし悩む。

内径26.5㍉ 外形55㍉って特殊サイズ。



DSC00301.jpg



ssのステムシャフトは26㍉で、この内径26㍉、外形55㍉っていうサイズのベアリングも見つからなかったので、外形30ミリのアルミパイプを購入。

コレを切り出して、内径30㍉、外形55㍉の割とよくあるサイズのベアリングを取り付けられるように加工。


ステム長は8ミリほどsb6の方が長いが、ベアリング止めるボルトがssの方が薄いので、ネジ部の位置的にもほぼ同寸。


600x450-2015031000096.jpg


sb6のはコレ



DSC00303.jpg




ステムはこのくらいの差(大きめに見えるけど8ミリ程。




DSC00298.jpg
DSC00297.jpg



トップブリッジがあまりにも汚いので、あちこち削って、鏡面化。
あと、上側がssが50πアプリリアのフォークが51πなので、ボアを0.5㍉広げましたw
もう少し磨こうかな。



DSC00287.jpg



軽く仮組み。
メインキーは、キー側を少しだけ長穴加工すればそのまま付けられます。

細かい寸法は、付けてみないと分からないのが少々辛い所。


あとはブレーキの調達。

ラジアルブレーキキャリパーがなかなか安いのが見つからないのがネックww
まぁ、時間かければ出物は見つかるでしょう。


ディスクとラジアルキャリパーの位置関係は、また近いうちに測って、また加工が必要なら頑張ってみますかね。


DSC00283_20150331014614957.jpg




続く・・・。
スポンサーサイト
[ 2015/03/31 01:52 ] ビモータbimota sb6 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kotatunet.blog25.fc2.com/tb.php/1339-0940c6e8